検索
  • まごのて

失われたナンバ歩き

こんにちは今日は日本人の昔の歩き方、ナンバ歩きのお話です。


日本では江戸時代末期以前までナンバ歩きをしていたという説があります。

ナンバ歩きとは 右足と右手を同時に出す。という歩き方です。


よく緊張すると両手足が一緒に出ちゃいますよね? アレです!


着物を着たことがある方はわかると思いますが、普段の歩き方をすると胴体が捻じれるので、着物がはだけてしまいます。

時代劇の役者をよく見てみて下さい。左右交互に歩いてることはないと思います。

そして明治に入り、西洋式の歩き方、行進などが取り入れられナンバ歩きは忘れられていったのです。

西洋歩きは足に負担をかけますが、靴も一緒に輸入されたため広がったとされています。


昔は忍者や飛脚はナンバ走りですごいスピードで走ったそうですよ(諸説アリ)

佐川急便のマークもナンバ走りに見えます。




とにかくナンバ歩きは体をねじらないので足腰に負担が少ないとされています。


スポーツの世界ではナンバの方がパワーが出ると言われ始め、トレーニングにナンバ歩きが取り入れられています。

相撲のすり足、空手の正拳突き、剣道の振り。。。

よくみると日本古来の動きには両手足が一緒に動くナンバ歩きが入っています。


高齢者のリハビリではナンバ歩きで階段を上ります。手足も一緒に出して登ってみて下さい。楽に上がれるかも!?


緊張するとナンバ歩きになってしまうのは日本人のDNAがそうさせてるのかもしれません。


信じるか信じないかはあなた次第です!



アメブロも見てね

https://ameblo.jp/magonote-2019/

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示